いざなう絹、私たちは何処へ 「シルク時空をこえて」 日本、アメリカ、フランス シルクの記憶をたどる感動のドキュメンタリー

作品紹介

この作品は、明治から大正、昭和にかけて日本のシルク産業繁栄の地、信州を中心に、飛騨、上州、横浜、福島、そして世界へと絹の歴史をめぐる物語です。
先人たちは、どのようにシルク産業を興し、その道をどのように歩んできたのでしょうか。

主な登場人物

  • 飛騨の語り部 鮎飛定男 飛騨の語り部 鮎飛定男
  • 工女さん 宮崎よしゑ 工女さん 宮崎よしゑ
  • 横浜開港資料館 副館長 西川武臣 横浜開港資料館 副館長 西川武臣
  • 富田蚕種製造所 冨田克衛 冨田蚕種製造所 冨田克衛
  • 染の司よしおか5代目 吉岡幸雄 染の司よしおか5代目 吉岡幸雄
  • オールドマンチェスター博物館 学芸員 David K.Smith マンチェスター歴史協会キュレーター David K.Smith ディビッド スミス
  • オールドマンチェスター博物館 学芸員 Carole Cheney チニー・ブラザーズ子孫 Carole Cheney キャロル チニー
  • リヨン絹物博物館 学芸員 Claire BERTHHOMMIER リヨン絹物博物館 学芸員 Claire BERTHHOMMIER クレア ベルトミエ
  • プレール社 社長 Guillaume Verzier プレール社 社長 Guillaume Verzier ギョーム ヴェルズィエ
  • プレール社 織物職人 Sebastien Roche プレール社 織物職人 Sebastien Roche セバスチャン ローチ
  • メゾン ド カニュ主宰 Philibert VARENNE メゾン ド カニュ主宰 Philibert VARENNE フィリベー ヴァレンヌ
  • メゾン・ルージュ(セヴェンヌ渓谷博物館)初代館長 Daniel Travier メゾン・ルージュ
    (セヴェンヌ渓谷博物館)初代館長
    Daniel Travier ダニエル・トラヴィエ

主なロケ地

  • 信州岡谷 明治、大正時代、日本の製糸業の中心地の一つ。映画「ああ野麦峠」の舞台としても知られる。日本一の製糸会社「片倉製糸」をはじめ、日本有数の巨大製糸家たちを輩出した。かつて日本の生糸の中心地として、海外で「Silk Okaya」(シルク岡谷)と呼ばれた時代もあった。
  • 飛騨古川 製糸工場で生糸をつくる工女さんのふるさとの一つ。長野県と岐阜県の境にある野麦峠をこえて、たくさんの工女さんたちが岡谷の製糸工場で働いた。
  • 横浜 日本で生産された生糸は、横浜港から海外へ運ばれた。安政6年(1859年)の開港時、輸出第一位は生糸、第二位は蚕種。
  • 福島 江戸時代から蚕種(お蚕様の卵)の生産が盛ん。養蚕、生糸、真綿など、幅広い絹産業が栄えた。
  • 京都 日本の絹織物の中心地。絹にまつわる祭りも数多く伝承されている。
  • 伊勢 伊勢神宮では、数千年の歴史がある神事が続けられ、中には絹に関わる神事もある。
  • Manchester アメリカ コネチカット州マンチェスター 全米一の絹織物会社「チニーブラザーズ」社の拠点。現在も当時の絹織物工場の建物が残り、米国の歴史的遺産として保存、活用されている。
  • Lyon フランス リヨン フランス第二の都市で、ヨーロッパ一の絹織物のまちとして栄えた。現在も、手織りの絹織物工房がわずかに残る。
  • Saint-Jean-du-Gard フランス サン・ジャン・デュガール 南フランス。フランス随一の養蚕地帯だった地域。

音楽 小林洋平
監督/撮影 熊谷友幸
監修 嶋崎昭典(信州大学名誉教授) 高林千幸(岡谷蚕糸博物館館長)
企画構成 畑美樹

制作著作 朝の学舎制作委員会
製作 KOA株式会社

シルクの歴史・資料

上映スケジュール

Week of 11月 7th
日曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
2021年11月7日 2021年11月8日 2021年11月9日 2021年11月10日 2021年11月11日 2021年11月12日 2021年11月13日

PM 2:00: 11月13日(土) 伊那谷映画祭で上映されます。 

最新情報

最新情報一覧を見る

DVD情報

  • 第一部第一部
  • 第二部第二部
  • 第三部第三部
DVDのお問合せはこちら

INSTAGRAM